Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
5
8
10
12
13
14
16
19
21
23
28
02

 

【無料記事】【監督会見 J2第1節 福岡-大分】開幕黒星。「サポーターのみなさんには、本当に申し訳ない」/井原正巳監督


【中倉一志=取材・構成・写真】
2017明治安田生命J2リーグ 第1節
日時:2017年2月26日(日)13:03キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/15,042人
結果:アビスパ福岡 1-2 大分トリニータ
得点:[大分]松本(26分)、[福岡]駒野(45分+3)、[大分]鈴木(90分+3)

◎井原正巳監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「今日は開幕戦ということで、非常にたくさんの観客のみなさんに集まっていただいた中、何とか開幕ダッシュをということで臨みましたが、最後にセットプレーから失点をしてしまって、黒星スタートになってしまい、サポーターのみなさんには、本当に申し訳ないと思っています。試合の方ですが、J3で昨年戦われた大分さんは力のあるチームなので、しっかりとリスペクトして臨もう、特に前の3人の、1トップ、2シャドーのコンビネーションというのは非常によく、脅威になるだろうと話していましたし、その部分をどのように抑えるのかということに併せて、ワイドの選手を意識しつつということで、試合には入りました。ある程度、想定した流れにはなったと思います。少し、縦パスを入れられた中で崩されるシーンが何度かあったので、そこは修正しなければいけない点でした。ただ、我々のゲームの入りも非常に良かったですし、チャンスも多く作れていたので、本当に、どちらに転ぶかわからない試合でしたが、大分さんの最後まで戦う姿勢、走る、コンタクトのところの気持ち等は、本当に素晴らしいと感じましたし、我々との、そういうところのちょっとした差が、最後の違いにつながらなかったのか、我々の立場からすると、そういうところが勝利の女神が大分さんに微笑んだ理由ではなかったのか、と思っています。開幕戦黒星スタートになりましたが、連敗しないように、次の試合に向けてしっかりと準備をして、また、このホームに帰ってきて、サポーターのみなさんに勝利のゲームをプレゼントできるように準備したいと思います」

Q:監督がおっしゃったように、前半は非常にいい入り方だったと思いますが、逆に後半は大分に押し込まれる展開になってしまいました。どの辺に問題があったのでしょうか?
「前半は、ある程度前から行きつつも、縦パスを効果的に入れられたので、全体をコンパクトにして、あまり前から行き過ぎないようにという話をしていたのですが、どうしても中盤のところで喰いついてしまい、そして縦パスからワイドを使われるという展開が続いてしまったと考えています。それでも、ある程度、サイドを使われるのは割り切ってやっていこう、そこは中で跳ね返していこうというところでは、粘り強く守備はやってくれたかなと思っています。サイドからのクロスで、何度かチャンスは作られてしまいましたが、そこは想定内でしたし、試合の中では必ずピンチがあるので、そこは全員で防いでいこうというところでは大きな問題はありませんでした。けれども、もう少し、相手の縦パスに対応するというところで、最初の制限のところも含めて、もう少し、精度を上げていかないといけないと思います」

Q:途中、城後選手をボランチで起用しましたけれど、どのような意図があったのでしょうか?
「城後選手はベンチスタートになりましたけれど、ゲームの中で途中からというプランはありましたし、1-1の拮抗した状況の中で、中盤の攻撃のところの厚みをつけるという意味で、彼の展開力、ゴール前に絡むという力、もちろん、セットプレーの脅威にもなりますから、攻撃的なところの、後半の流れを変えたいということで、城後と邦本の2人を投入しました」

Q:残念な結果にはなりましたが、攻守に渡って、チームとしてやろうとしていることを表現できたシーンも多かったと思います。その辺りは、どのように捉えていらっしゃいますか?
「チャンスも多く作っていたと思いますし、ゴールに迫るシーンも数多くありました。ウェリントンのストロングを生かしつつ、それだけではなく、攻撃のバリエーションというものも、ある程度、出せていた時間帯も非常に多かったのかなと思っています。そういう部分は、引き続き、継続していきたいと思っています。ただ、そういう流れの中で、何とかゴールを奪えるシーンを作っていかないといけないのかなと思います。最後のところの質は、もっと、もっと上げていかないと、J2の中でも、ゴールというものは取らせてくれません。また、今日の得点は、お互いにセットプレーだったということで、もちろん、セットプレーのところの精度も、より上げていきたいと思っています」

 

【無料記事】【監督会見 J2第1節 福岡-大分】「選手が我々のサッカーを信じてトライしてくれたおかげ」/片野坂知宏監督


【中倉一志=取材・構成・写真】
2017明治安田生命J2リーグ 第1節
日時:2017年2月26日(日)13:03キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/15,042人
結果:アビスパ福岡 1-2 大分トリニータ
得点:[大分]松本(26分)、[福岡]駒野(45分+3)、[大分]鈴木(90分+3)

◎片野坂知宏監督(大分);
Q:試合を振り返って
「昨シーズン、J3で優勝して、1年で復帰して、今日、開幕戦のアビスパ福岡戦に向けて、我々がしっかりと準備してきたことが、完璧ではないですけれども、ある程度、出せたのではないかと思います。本当に選手が、我々のサッカーを信じてトライしてくれたおかげだと思っています。試合はどちらに転ぶかわからないものでしたし、もしかしたら、勝点3を失っていた試合になっていたかもしれませんし、やはり、福岡さんの迫力ある攻撃は非常に怖さがあったなと感じています。拮抗した試合だったと思いますが、最後に、我々がああいう形で勝ちを拾えたのは、本当にラッキーな面があったかなと思います。でも、選手は最後まで諦めずに戦ってくれましたし、サポーターも本当にたくさん来ていただいて、サポーターにアウェイの勝利をプレゼントできて、本当にほっとしています。ただ、まだ開幕戦、42分の1が終わっただけなので、これからの戦いが本当に厳しくなると思いますが、またいい準備をして、次のヴェルディ戦で、また勝点を取れるように、いいサッカーができるように、しっかりと準備してやっていきたいと思います」

Q:前半は、なかなか思うようなサッカーができなかったと思いますが、後半は、逆に福岡を押し込む時間帯が続きました。どのあたりを修正されたのでしょうか?
「前半は、開幕戦ということで固さもあったのかなというのは、選手を見ていて感じました。今シーズンも、私はボールをつないでということにトライしているので、そういう面では、ちょっと怖がっているところもあったので、ハーフタイムに、思い切ってトライしようということを選手たちに伝えて、自分たちのやり方を徹底してトライしてくれたからこそ、後半、ああやって押し込むことができたのかなと思います。あとは、選手も前半やってみて、緊張がほぐれてきた感じもあったのかなと思います」

Q:1-1の状況の中、最初にカードを切りましたが、どのような指示を出されたのでしょうか?
「ボランチの姫野に代えて前田を入れたんですけれども、ボランチのところで、もう少しボールをつなぎたかったり、展開したかったりと言うのがありました。また、守備のところで、姫野もかなり疲労していましたが、中盤の攻防で、福岡さんはアグレッシブな選手もいるし、フィジカルの強い選手もいるので、そういうところで負けてほしくない、逆に、そういうところで我々が上回ることで、主導権を握れるのではないかということを前田には期待して投入しました。また、ボールを受けてくれということも前田には伝えて、それを前田もトライしてくれたと思います」

Q:開幕戦を戦っての手応えと課題を教えてください。
「手応えは、ある程度、自分たちの形、やりたいことは、少しは見えたのかなと思います。ただ、まだまだ精度も上げなくてはいけないし、やらなければいけないことがたくさんあるなというところで、攻撃のところの課題、守備のところの課題、それぞれ、自分たちのやるべきことの精度を、もっと上げたいと思います」

 

【プレビュー J2第1節 福岡-大分】福岡に関わるすべての人の覚悟を見せる一戦。アビスパの歴史を変えるシーズンが始まる。


【中倉一志=取材・文・写真】
「アビスパが変わるためには、今シーズンを、いい機会にしなくてはいけない。5年周期で昇格するという話を聞いたりもするが、そこから抜け出して、いい方向へ進むためには、この1年間をしっかりと戦って、1年でJ1に復帰することが、選手のためにも、クラブのためにも、サポーターのためにも必要」
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

 


 
最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。