Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【選手コメント J1第37節 福岡-仙台】「点を取ることだけを考えてプレーしていた」/金森健志/クルークス



2021明治安田生命J1リーグ 第37節
2021年11月27日(土)14:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/ 7,663人
結果:アビスパ福岡 2-2 ベガルタ仙台
得点:[福岡]ジョルディ クルークス(26分)、[仙台]氣田亮真(49分、64分)、[福岡]金森武志(87分)

◎金森健志選手(福岡);
Q:貴重な同点ゴールになりました。どのような想いでピッチに入られたのでしょうか?
「1-2で負けていましたし、FWでの出場だったので、点を取ることだけを考えてプレーしていました」

Q:今シーズンのアビスパは終了間際のゴールが多いのですが、今日は苦しい展開にはなりましたが、今シーズンのアビスパらしさは見せられたのではないでしょうか?
「そうですね。1-0から逆転されてビハインドになっても追いつける力も付いてきましたし、逆転できるチャンスもあったので、あとは2-2に追いついてから勝ちに持っていけるようなチームになれれば、来季以降も、もっと強いチームになれると思います。最後はスタジアムの後押しもすごかったですし、自分たちもすごく盛り上がりを感じていたので、そこで1点を取って勝ちに持っていければ良かったかなと思っています」

Q:ゴールが決まった後にベンチに向かって真っすぐ走っていかれました。あの時の想いを教えてください。
「今年1年間、みんなで戦ってきて、メンバー外になっても、誰1人として気を緩めることはなかつたですし、いい準備をしていた選手もたくさんいましたし、今年のメンバーで戦えるホームゲームは最後だったので、点を決めたらベンチに走っていきたいという想いがありました。みんなで喜びたいという気持ちがありました」

Q:金森選手の今シーズンの復帰が決まった時に、堂々と「ただいま」と言えるようになりたいとおっしゃっていました。堂々と「ただいま」と言えるようなシーズンになったのではないですか?
「最初に『ただいま』と言いたかったんですけれども、スタジアム観戦に制限があって、クラブハウスにもファン、サポーターのみなさんが来れない中で、みなさんと顔を合わせられるのがスタジアムとかなかったのでさみしい気持ちもありました。また、口では何とでも言えますが、自分の気持ちというのをプレーで示していこうというふうに今年1年間思っていたので、それを最後にこうやって得点で恩返しができたことはとても良かったですし、1年間、本当にみなさんの後押しがあったからこそ、この順位に入れていると思っています。できれば勝って恩返しがしたかったんですけれども、同点ゴールを決めることができて良かったと思っています」

◎ジョルディ クルークス選手(福岡);
Q:先制点は、これがクルークスだと言わんばかりの素晴しいゴールでした。振り返っていただいてよろしいでしょうか?
「こういうシュートの練習をたくさんしてきたということがあったので、それが実を結んで良かったです」

Q:今日はゴールに向かってプレーする、点を取るんだという気持ちが、いつもにも増して強く感じられるプレーでした。
「いつも通りやっていましたが、今日は特に自分のベストを尽くしてプレーしたいと思っていましたし、それが自分のスタイルでもあります。アシストやゴールはチームを助けることになると考えていたので、今日はチームの中で重要なプレーヤーになれたのではないかと思っています」

Q:今年はコロナの影響もあり、入国も、チームに合流するのも難しいシーズンだったと思います。その中でのプレーでしたが、この1年間をどのように感じていらっしゃいますか?
「正直、この1年間は自分にとってはかなり難しい1年間でした。来日が遅れてチームとしての準備期間に加わることができなかったことは自分にとっては大きかったですね。それでも、1カ月目はチームに慣れることを意識して、2カ月目以降は溶け込むことができたと思っています。これからも、ゴール、アシストなど結果を求めてやっていきたいです」

Q:ゴールのあと、ゆりかごダンスをしていましたが、どなたのためだったのでしょうか?
「前寛之キャプテンに1カ月前にお子さんが生まれたのですが、それに対してお祝いができていなかったので、自分のゴールでお祝いできて嬉しく思っています。それをみんながやりたいという形だったので、改めてチームだなと感じました」

[中倉一志=取材・構成・写真]

 

【無料記事】【選手コメント J1第37節 福岡-仙台】「準備してきたことをしっかりと出せて良かった」/氣田亮真/フェリペ



2021明治安田生命J1リーグ 第37節
2021年11月27日(土)14:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/ 7,663人
結果:アビスパ福岡 2-2 ベガルタ仙台
得点:[福岡]ジョルディ クルークス(26分)、[仙台]氣田亮真(49分、64分)、[福岡]金森武志(87分)

◎氣田亮真選手(仙台);
Q:1点目、2点目とも同じような形でした。2本のCKを振り返っていただいていいでしょうか?
「セットプレーは練習から準備をしていて、みんな1人、1人に役割が与えられていて、自分はファーのところで待っているということでした。今日の試合前にもコーチのショージさん(村上和弘コーチ)から『お前のところに来るからしっかり準備しておけ」と言われていました。1点目は、前半からCKがあって、相手が自分の動きについてこれていないというのがあってチャンスがあるかなと思っていたので、1本目はそういうところを狙えたかなと思います。2本目は、1点を取ったことで相手が少しアラートになっていてスペースがなかったので、少し引いて待っていようと思ったところで、自分の予測通りのところにボールがきました。2本ともラッキーでしたけれども、チームとして準備してきたことが、しっかりと出せて良かったかなと思います」

Q:2本とも決めて一時はリードを奪いました。自分としては「やってやったぞ」という気持ちはありますか?
「点を取れたのは良かったですけれども、自分自身は怪我明けで、ゴールという結果以外のところは全然満足できていないので反省かなと思います」

Q:今日のチームの戦いぶりに関しては、どのように見ていますか?
「今週、監督が代わって、新しい監督の下で細かい指示もありますし、とにかく、この試合は準備したことをやろう、ミスしてもやり続けようということでした。前半はミスが多かったですし、チームとして改善しなくてはいけなかったのですが、とにかく自分たちがやろうとしていることをやろうと話していました。ハーフタイムに少し修正して、SBの裏をシンプルに狙おう、前半はポゼッションを狙っていましたけれども、後半はショートカウンター気味にやろうということでしたけれど、そこはチームとして修正できたと思います」

Q:残り1試合になりました。次節に向けての意気込みをお願いします。
「降格が決まって、サポーターのみなさんに申し訳ないですし、僕個人として言えばテグさん(前、手倉森監督)に申し訳ない気持ちもあるので、1年間、自分として積み重ねてきたものを、いい形で表現して、見ている人の心に響くようなプレーをしたいと思います」

Q:前半にミスが多かったこと、ハーフタイムで修正したという話がありましたが、福岡の強度の高いプレッシャーに対して、氣田選手自身が一番注意したことを教えてください。
「とにかくプレッシャーが速いので、ボールを受ける前にしっかりと相手を見ることを意識していましたけれど、それを上回ってくる速さがあったので難しかったです。でも、後半はチームとして上手く修正できたかなと思います」

◎フェリペ カルドーゾ選手(仙台);
Q:降格と監督交代と難しい状況の中での試合になりました。その中での先発でしたが、今日の試合はいかがでしたか?
「まずチャンスをいただいたことに感謝したいです。試合に出られていない選手が練習にしっかりと取り組むことによってチャンスを得ることが大事だと自分は考えていますし、だからこそ、チャンスを与えられたときには、自分がプレーしたいという気持ちは2倍にもなりますし、そこが努力というところにも関わってくるのかなと思います」

Q:その中でセットプレーからの2得点に関わりました。セットプレーの中で与えられた役割、気をつけていたことを教えてください。
「セットプレーには練習からしっかりと取り組んできましたし、試合の中で、あまり背が高くない選手が1人いるということを自分たちは分かっていたので、そのスペースに入ってボールに触れれば、シュートするにせよ、セカンドポストに流すにせよ、チャンスが巡ってくると監督から話がありました。自分はその責任を果たすことができ、ゴールが生まれて非常に嬉しいです」

Q:いろいろな変化があった中でフェリペ選手はいいプレーを見せてくれました。残り1試合で何を見せてくれますか?
「もちろん、自分たちが降格したということに対しては、すごく悲しい気持ちでいっぱいです。ですが、ファン、サポーターのみなさんに対して自分たちがしっかり努力している、ピッチの中にすべてを捧げているということを見せることが大事です。この8カ月の中で、あまり外国籍選手が使われていなかったんですけれども、もう少し外国籍選手が試合に出ることができたら、より日本人選手との関係性が良くなったのではないかと思いますが、今日、それが少し見えて良かったと思います。でも自分は一人のプロサッカー選手として、監督の決断は受け入れるとリスペクトしていますし、今日に関しては、監督がチャンスをくれたので、絶対にモノにしてやろうという気持ちでピッチに入りました。日本人のことはとても好きですし、Jリーグもとても好きです。まだまだこの国でやっていきたいと思っています。改めて振り返れば、もう少し、ベガルタ仙台を助けることができていればと思います」

Q:今日はチーム全体にゴールを奪いにいくという気持ちが溢れていたと思います。何か意識していたこと、それに対する手応えを教えてください。
「やはり、この1週間の中でとても生産的な練習ができましたし、原崎監督が自分たちに自信と、エリア内や最後のゾーンのところでの自由を与えてくれたので、とても動きやすかったです。監督には、ミスをした後にすぐに切り替えてボールを奪いにいくこと、ミスを引きずらずに何回もトライしていくこと、という話をしていただいて、自分たちはそれを遂行することができました」

[中倉一志=取材・構成・写真]

 

【無料記事】【記者会見 J1第37節 福岡-仙台】「勝敗として引き分けに持ち込めたがもったいないゲームだった」/長谷部茂利



2021明治安田生命J1リーグ 第37節
2021年11月27日(土)14:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/ 7,663人
結果:アビスパ福岡 2-2 ベガルタ仙台
得点:[福岡]ジョルディ クルークス(26分)、[仙台]氣田亮真(49分、64分)、[福岡]金森武志(87分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「いい形で得点が取れました。ただまったく同じ形で2失点してしまったので、勝敗としては引き分けに持ち込めましたが、もったいないゲームだったなというふうに思います。ただ、自分たちがやれることは十分にやれたと思いますし、危ない場面、カウンターを受ける場面というものが何回かありましたけれども、何とかそれを凌いで試合を成立したような、ホーム最終戦でどうにか勝点1を積めた、負けそうなゲームで負けないですんだなと思っています」

Q:勝てはしませんでしたけれども、今シーズンのアビスパの粘り強さや、最後まであきらめずに粘り強く戦うところはホーム最終戦で見せられたのではないかと思います。
「おっしゃる通りです。メンバーが代わったり、最初から出られなかった選手、最初から出た選手、様々ですけれども、怪我とかコンディションとかいろいろ含めて、チーム一丸となって戦えたと思います。2失点のところはスカウティングも含めて、自分たちはいい準備ができていました。そんな中で相手に上回られて高い打点と、ああいう形を作られたというか、練習もしていましたし、準備もしていましたけれども防ぐことができなかった。上回られてしまいました」

Q:今日は大勢の観客の前での試合で、また新しいスタートだと感じられる試合だったと思いますが、いかがでしょうか?
「決めるべき時に決めていれば、もう少し違った展開になっていたでしょうし、2点、3点入ってもおかしくないような、そんなゲーム内容だったと思います。おっしゃるように、自分たちが目指しているところに多少は近づいているというところは見せられたのではないかと思います」

Q:アウェイになりますが、あと1試合残っています。意気込みを教えてください。
「最終戦で順位が変わる可能性があります。そこを勝ち取れるように、いい準備をして、同じように、年間通してやってきたことをぶつけたいと思っています」

[中倉一志=取材・構成・写真]

 


 
最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR